40代 サーファーへの道

40代、厄年で大殺界のmasamixのリバイバルサーフィンライフを綴るブログです。

2015年12月5日 第20ラウンド 太東

2015年12月5日 第20ラウンド

前日の波情報によると九十九里は西~南西の風が強くコンディションは乱れて、波は大きいとの予想でした。

しかし、実際はコンディションは乱れておらず、一ノ宮等では混雑するほど・・・。

風が強く、波が大きい時は迷わず太東に行くまさみっくすは 太東 に着いてビックリです。

風はほとんど吹いていなく、波が無い。

うーん 波情報は当てにならない時があるという事をまさみっくすは学習しなくてはいけません。

笑っちゃうくらい無い状態です。

練習すらままならない状況でかなり凹みました。

太東 はセットでスネ程度の波で風の影響はないように感じました。

20151205-1

波情報では5mmフル+ブーツと書いてあったのでセミドライを持っていきました。

海が湖のような状態でしたので、駐車場もガラガラです。

たくさん空いているのにまさみっくすの車の斜め後ろに止めた方がいました。

まさみっくす的には「なぜこんな空いているのにこんな近くに???」と思っていたところ、案の定話しかけられました。

「もうブーツ要りますかね?」

知らんがな!!!

まさみっくすの車のナンバー見れば、地元の人じゃないのわかるだろ!!

会社だけでなく、海でも何でもかんでもまさみっくすに聞くのはやめてください。

何気に人見知りなんです。

 

まさみっくすは何度も波情報に翻弄されてきてたので、今日はロングとショートの二本を海に持参しておりましたので、ロングで入水です。

まさみっくすはロングはショート以上に下手なのですが、この波ではショートでは厳しいかなと考えました。

実際に入水すると、ロングの方しかいません。

今日はボードの選択は間違えていなかった!!(入るポイントはミスりましたが)

前回は海に着いた瞬間に「寒っ」と感じましたが今日はそんなに寒くない感じです。

でも3mmフルで入ったら寒かったろうな・・・

意外と海に入ると3mm+ブーツがほとんどでドライはまさみっくすともう一人くらいしかいませんでした。

しかし、何となく左の足の付け根あたりが冷たい・・・

セミドライは購入して結構時間が経過している(おそらく5・6年前)なので漏水し始めたようです。

ほんのわずかな漏水のようで支障はなさそうです。

夏のユカ姉と一緒に入った時以来の久々のロングですが、波も小さく、混雑もしていないためまぁまぁ遊べました。

そうそう今日のテーマは、深いパドルと胸を張るを意識するです。

ロングで波も小さいのでグラグラはしませんので深くパドルすることを徹底してみました。

やはり、力を入れ過ぎず胸を張ってパドルをするとグイグイ進みます。

でもこれはロングの力を借りているだけかもしれませんけど。

波の力が無いので、テイクオフして少し進んで終わりではありますがキチンと練習できました。

20151205-2

でもショートでキチンと出来るのか試したくなり、たばこ休憩の際にロングを片付けてショートで再度入水しました。

うーん やはりロングボードに助けて貰っていただけだったようです。

ショートではキチンと出来ていないことに気付けたことがわかっただけでも今日の収穫としましょう。

今日は気付けただけで上達は0です。

練習の継続しかないですね!!

そして、海から上がってショートを片付けていると、爆音で音楽をかけている人が駐車場の枠外に停めて、まさみっくすの近くに来ます。

うわっ ヤンキーに絡まれる・・・と思ったらまたも人見知りのまさみっくすに話しかけてくるではありませんか。

ヤンキー風の人:「プレセボじゃないですか。俺もプレセボ乗ってるんですよ。調子どうですか?」

まさみっくす:「はぁ 自分には合ってると思いますが下手なので」

ヤンキー風の人:「プレセボは浮力あるから初心者にはいいですよ。」

から3分くらいまさみっくすのボードを見ながら色々話しかけてきます。

うう・・・車の初心者マークのように、人見知りマークがあればいいのにって本気で思います。

ヤンキー風の人は散々しゃべって納得したのか帰っていきました。

その後、まさみっくすの車の斜め後ろに停めた方も上がってきて、ボードを片付けていました。

その際に、「ゴンッ」ボードがまさみっくすの車にぶつかりました。

特に傷などは付いていないようなので良いのですが、車は凹みませんがまさみっくすの心が凹む。

うーん サーフィンだけでなく、コミュニケーション能力の上達もまさみっくすには必要なようです。

20151205-3


にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA