40代 サーファーへの道

40代、厄年で大殺界のmasamixのリバイバルサーフィンライフを綴るブログです。

2016年7月2日 第37ラウンド 太東

2016年7月2日 第37ラウンド 太東

毎週コンスタントに水曜日にサーフィンに来ていましたが、先週はお仕事が忙しくて行けませんでした。

ということで、第一土曜は休みのまさみっくすは海へ!!

今日の千葉北は全体的にスモールコンディション。

そんな中でも更に波の小さい太東に向かいます。

だいぶ暖かくなってきたこともあり、どこのポイントも混んでいる中で太東はそれでも空いている方なので・・・

7月に入り、海の家もだいぶ出来てきて、サーフィン人口も増えたように思います。

真冬は数えるほどしか人がいませんでしたが、6時に太東に着いた時点で既に20名くらい入ってます。

そしてスモールコンディションということもあり、見えるところにいる人はすべてロング・・・

ウエットもショートジョンやシーガルも多数います。

そんなまさみっくすも今日からシーガルです。

ちなみに波情報ではヒザとなってました。

今日は当たってます!

20160702-1

今日は干潮が9時なので潮が動いて々に良くなってくるかなと見込んでいました。

しかし、ロングしかいない中、ショートで入るのは気が引けるので今日はロングで入ります。

先週に続いて同僚のYさんのアドバイスのパドル筋強化とユカ姉とサーフィンに行った際に、

少しはロングに乗れた方がいいかなという2つの理由からです。

相変わらずロングでは波に置いて行かれることが多いように思います。

理由は何なんでしょう???

複合的な要因に思いますが

①パドル筋が弱い

②ボードでパドルをする際の位置が悪い

③誰か教えてください・・・

ロングの皆さんは軽く漕いで、スィ~っと乗ってるのに、まさみっくすは必死にパドルしてるの波に置いてかれています。

あまりのうねりキャッチの出来なさ具合に心が折れそうになります。

折れそうというか、折れたのでショートに変更です。

ショートであればロングと波取り競争してもいい勝負が出来ます。

うーん 何故でしょう。

考えて出した結果は「ショートボードのスペックに助けられている」ように思います。

あとは、ショートだとバタ足でズルできるというのも大きな原因に思います。

ショートでは横への意識を今日は強く持って練習します。

イイ感じにブレイクしそうなうねりをキャッチ!

まさみっくす的には今日一番の波です。

横に意識して、乗ろうと思いますが前乗りされそうかなと思いましたが思い切って乗ります。

やはり前乗りされます・・・

そのまま、まさみっくすより速いスピードで進んでくれればよいのですが技術レベルはまさみっくすと同じくらいなので激遅です。

しかも、その人が目の前で急にコケる。

まさみっくすも出来る限り避けたのでクラッシュはしませんでしたが、ボードがぶつかるギリギリのところでした。

けっこうビビりました。

まさみっくすも下手くそなので怒りはしませんが「前乗りですよ。気を付けて」と声を掛けたら、自覚があったのか「すいません」とのこと。

実はその少し前にローカルに前乗りして怒られている人を見た後だったので。

改めて前乗りだけはいけないなと思います。

 

ちなみに帰り間際はこの状態です。

20160702-2

もうすぐ夏ですね。

20160702-3


にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA